● 「お仕事的FX」は地味ながらコンスタントに資産増加に貢献、一方「トレード」は・・

2017年3月からスタートした

淡々とひたすら1日15分程度の作業を繰り返すだけの

「お仕事的FX」は地味ながらも

残高は増え続けている。

 

● 単なる作業を繰り返す「お仕事的FX」で淡々と稼ぎ続ける方法

初期投資額:8,999.83ドルでスタートしたMT4の口座残高は

2017年9月26日現在、

15,980.08ドルとなった。

 

6ヶ月で約7,000ドルの増加であり、

Mr.Quadrupleがこれまで経験した

「紙の投資」とくらべれば、

唯一、順調に推移しているといえる。

 

「お仕事的FX」は海外のFX口座を使うため

申告分離課税として税率が一律約20%の国内FX口座と異なり、

「総合課税(雑所得)」であることから

稼げば稼ぐほど税率が上がる「累進課税」となる。

 

また、海外FXの場合、

損失の繰り越しもできないことを考慮しなければならない。

 

従い、現時点では不動産管理法人からは

報酬を得ていないため、

「物販事業の役員報酬」と

「個人所有物件の不動産所得」と

「海外FXの利益」とを

合算した「課税所得」がいくらか、

によって税率が異なってくる。

 

 

個人の確定申告は12月が「決算月」となるため

この9月で第3四半期が終わろうとしている。

 

数字の推移を確認しつつ10月に一度税理士と

打ち合わせを持つ予定である。

 

しかし、FXの利益については

そんな心配がとりこし苦労に終わる可能性もある。(泣)

 

参加しているFXのコミュニティーにて

いわゆる「トレード」についても

レクチャーを受けている。

 

短時間とはいえ、毎日チャートを見ていると

ついつい、「ギャンブラー」の血が騒ぎ

まだまだ修行が足りないにも関わらず

「トレード」にも手を出してしまったのである。

 

 

こちらは円建ての別口座を使用しているが

500,000円の入金に対し、

現在の残高が

554,482円

ただし含み損が

▲326,670円

 

なので

時価評価額としては

544,482円-326,670円=227,812円

であり、

500,000円-227,812円=▲272,188円

 

と大きくやられている。

 

あわや強制ロスカットか、という場面も経験した。

 

現在動きが取れない状態ではあるが

メンターの教えを仰ぎながら

なんとかうまく切り抜けたいと思っている。

 

そして「トレード」については

まだまだ習熟が必要であり、

スケールダウンして練習に励むこととする。

 

現在Mr.Quadrupleが参加する

FXのコミュニティーは参加者が一定数に達したため

つい先日、いったん募集停止となっている。

 

フォローが不十分になってしまうことを懸念した

運営者の判断によるものである。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● ビットコインキャッシュ(BCH)爆騰とビットコイン(BTC)の 調整
● HSBC香港 口座開設 顛末記<BR>(サポートを使わずに単独で乗込み口座開設に至った経緯)
● 分裂により誕生したETC(イーサリアムクラシック)やBCH(ビットコインキャッシュ)は買うべきか
● 引き続き順調に推移する「お仕事的FX」がMT4の自動売買ツールに対応
● カンボジアの銀行にドル建定期預金をしてみた ★アクレダ銀行★
● bitcoinが5,000USD越えで<BR>                  いてもたってもいられず投機に走る
● 海外長期積立ファンド(フレンズプロビデント25年)を6年間継続した結果・・・
● 引き続き値動きが激しい暗号通貨たち。特にビットコイン(BTC)の続伸は想定外。
● 投資・不動産・物販のセミナーや勉強会に女子が増えてきた
● 「ITバブル」・「株式分割バブル」とBitcoin の分裂
● 「お仕事的FX」11月の結果
● 飲み会の幹事を拝命したらビットコイン(BTC)で割勘しよう。割勘代をビットコインで集金したら10万円に育った件。
● bitcoinの急上昇に危機感を感じBTCの定期購入をイーサリアムに変更した件
● 暗号通貨(アルトコイン)への投資 
● 単なる作業を繰り返す「お仕事的FX」で淡々と稼ぎ続ける方法

Menu

HOME

TOP