● 「ITバブル」・「株式分割バブル」とBitcoin の分裂

先日、ビットコイン(BTC)の急上昇に耐えかねて

ビットコインでイーサリアム(ETH)を購入した。

 

● bitcoinが5,000USD越えで いてもたってもいられず投機に走る

しかし、その後もビットコインは上昇を続け現在

65-70万円@1BTC前後で落ち着いている。

イーサリアム自体は微増にとどまっており、

ビットコインとの差はさらに拡大したカタチとなっている。

 

 

やはり、素人がFXや株でさえ難しい「トレード」を

さらにハイリスクな「暗号通貨」でするものではなかった(^^;)

 

しかし引き続きビットコインについては

「11月暴落説」もささやかれているが

足元は堅調に見える。

 

 

年齢がバレてしまうかもしれないが

今のビットコインの状況を見ていると

西暦2000年前後に経験した

「ITバブル」や「株式分割バブル」とどうしてもかぶって

見えてしまうところがある。

 

「株式分割」は単価を下げて株式の流動性を

確保することなどが目的で

仮に半分に分割しても価値も半分になるから、

単なる事務作業にすぎなかったはずが、

当時はマネーゲームの対象になり

「買うから上がる、上がるから買う」

といった感じで高騰した。

 

振り返れば「バブル」という名がついたように

その後、ハジけたのである。

 

今回のビットコインの急上昇も「分裂」が

要因の1つのようであり、

また分裂の頻度が多すぎるといった

ハナシも聞く。

 

また現在のビットコイン取引シェアNo.1は日本であり、

メインプレイヤーも中国人から日本人に取って代わっている。

 

本当にシロウトの肌感覚なので

背景や本質的には違っているのかもしれないが

「株式分割バブル」と状況が

似通っているようにみえてしまうのである。

 

というわけで、いまの価格でビットコインを法定通貨で購入

するのはなんとなく抵抗がある。

 

保有分はあまり動かず、

定期購入は当面イーサリアムを継続することにする。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● ビッ○カメラなどビットコイン(BTC)決済を導入した企業の決算はどうなるのだろうか
● ビットコインキャッシュ(BCH)爆騰とビットコイン(BTC)の 調整
● 「お仕事的FX」11月の結果
● HSBC香港 口座開設 顛末記<BR>(サポートを使わずに単独で乗込み口座開設に至った経緯)
● bitcoin を「ドルコスト平均法」で定期購入してみる
● 「お仕事的FX」10月の結果
● 暗号通貨(アルトコイン)への投資 
● 海外長期積立ファンド(フレンズプロビデント25年)を6年間継続した結果・・・
● 分裂により誕生したETC(イーサリアムクラシック)やBCH(ビットコインキャッシュ)は買うべきか
● 「お仕事的FX」は地味ながらコンスタントに資産増加に貢献、一方「トレード」は・・
● bitcoinが5,000USD越えで<BR>                  いてもたってもいられず投機に走る
● 単なる作業を繰り返す「お仕事的FX」で淡々と稼ぎ続ける方法
● 引き続き順調に推移する「お仕事的FX」がMT4の自動売買ツールに対応
● bitcoinの急上昇に危機感を感じBTCの定期購入をイーサリアムに変更した件
● 調整が一瞬だったビットコイン(BTC)、引き続き爆騰気味のビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はじわり上昇開始

Menu

HOME

TOP