● 調整が一瞬だったビットコイン(BTC)、引き続き爆騰気味のビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はじわり上昇開始

BTCの保有分と定期購入をETHに変えたのは

BTCの上がり方があまりにも急すぎるという

素人的な判断と、

BTC上昇の要因として分裂が頻繁に実施されることに

なんとなく不安を感じたためであった。

● ビットコインキャッシュ(BCH)爆騰とビットコイン(BTC)の 調整

 

その後、急落し、11/12前後に5,000ドル台に

タッチした。

 

しかし、案の定、としたり顔に浸ったのもつかの間、

一瞬で盛り返し、急落前の高値を更新するまで上昇、

1BTC8,000ドル台で推移している。

 

この一瞬の調整中に、

安値で買えた人はどんな人なのだろうか。

 

急速に落ちている局面では

怖くて乗れないし、

またここまで上がってきてしまうと

これまた怖くて乗っかれない。

 

そしてビットコインから分裂した

ままわずかながら保有しているBCHも

派手な動きで暴騰と暴落を繰り返しながら

中長期では上昇した。

 

 

暗号通貨はインサイダー取引が当たり前なので

「上流の情報」が常にはいってくる状態だったり

取引所のtwitterを常に監視できたり

する人はタイムリーな取引ができるのかもしれないが・・・

 

 

自分にはやはり、定期購入で

「ドルコスト平均法」を実践する方が向いているのかな、

と改めて認識した次第である。

 

現在はBTCの定期購入はしておらず

ETHのみ、週に2万円ほど購入している。

 

 

BTC(オレンジのライン)には負けているものの

地味にではあるが対・法定通貨においては

少しずつ上昇してきた。

 

出口を決めていないので

今後のことは全くわからないが

暗号通貨を買うということは

将来の上昇を期待していつわけであり、

枚数を増やしていく方向に変わりはない。

 

今回のビットコイン(BTC)の動きを見て、

ポートフォリオとして

ほとんどイーサリアム(ETH)っていうのもどうなのかな、

という思いもあり、どこかで

ETC→BTCに一部コンバージョンする

ことも想定したい。

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● 「ITバブル」・「株式分割バブル」とBitcoin の分裂
● ビッ○カメラなどビットコイン(BTC)決済を導入した企業の決算はどうなるのだろうか
● 海外長期積立ファンド(フレンズプロビデント25年)を6年間継続した結果・・・
● HSBC香港 口座開設 顛末記<BR>(サポートを使わずに単独で乗込み口座開設に至った経緯)
● 投資・不動産・物販のセミナーや勉強会に女子が増えてきた
● 飲み会の幹事を拝命したらビットコイン(BTC)で割勘しよう。割勘代をビットコインで集金したら10万円に育った件。
● 暗号通貨(アルトコイン)への投資 
● 「お仕事的FX」は地味ながらコンスタントに資産増加に貢献、一方「トレード」は・・
● 引き続き値動きが激しい暗号通貨たち。特にビットコイン(BTC)の続伸は想定外。
● 引き続き順調に推移する「お仕事的FX」がMT4の自動売買ツールに対応
● ビットコインキャッシュ(BCH)爆騰とビットコイン(BTC)の 調整
● bitcoin を「ドルコスト平均法」で定期購入してみる
● Bitcoinなど「暗号通貨」全面安! いまとるべき行動とは
● 分裂により誕生したETC(イーサリアムクラシック)やBCH(ビットコインキャッシュ)は買うべきか
● bitcoinが5,000USD越えで<BR>                  いてもたってもいられず投機に走る

Menu

HOME

TOP