● カンボジアの銀行にドル建定期預金をしてみた ★アクレダ銀行★

2015年7月、

海外の銀行口座に定期預金を設定した。

 

カンボジアの「アクレダ銀行」という金融機関で

高金利が売りであった。

 

銀行自体はカンボジア最大の商業銀行であり、

2014年には本邦メガバンクの雄、

SMBCが出資(発行済株式総数の12.25%を取得)している。

 

為替やカントリーリスクはさておき

銀行自体はとてもしっかりしている。

このように定期預金証書も問題なく発行された。

 

*5,500USD(ドル建)

*年利:7.75%

*期間は63ヶ月

*四半期に1度利子が支払われる。

*利子税:14%(非居住者)

 

日本の長期的な低金利を考えれば

明らかに「高金利」であった。

 

しかし、「海外長期積立ファンド」同様、

長期間資金が固定される(流動性が低い)、

ということは十分考慮しなければならない。

 

● 海外長期積立ファンド(フレンズプロビデント25年)を6年間継続した結果・・・

 

当時、それほど余裕資金がなかったようで

金額的には「プチ資産フライト」となった。

 

 

しかし、結果としてはよかったと思う。

 

先般、本邦にて、アクレダ銀行定期預金の

サポート窓口であった会社に

「仮に中途解約した場合、どのような取り扱いになるのか。」

問い合わせてみたところ以下の回答を得た。

 

期間が長期だけに、このようなリスクもあるという

好例であろう。

 

==================

定期預金解約につきまして、

期間満了することを前提に金利が設定されておりますため、
途中で解約した場合は、ペナルティーとして、過去に支払われた金利は
元本から差し引かれるとのことでございます。

また、お手続きにはアクレダ銀行所定の手数料が必要となります。

お手続き開始からお受取りまでの期間につきましては、

アクレダ銀行の判断となりますため、
はっきりとしたお日にちをお伝えすることができず、

ご理解いただければと思います。

尚、 このタイミングでお伝えすることとなり、

大変申し訳ございませんが、
アクレダ銀行のサポート全般業務につきまして、

弊社及び現地エージェントとの
連携が出来なくなってしまいましたため、

今後につきましてはサポート業務を撤退する方向で現在調整しております。

Mr.Quadruple様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、

今回のメールアドレス変更手続きサポートにつきましても
お引き受けする事が困難となりましたので、

お手数をお掛け致しますが、
今後の銀行口座サポートにつきましては、

以下の方法にてご対応をお願いできますでしょうか。

【今後の銀行手続きなどについて】

①現地コールセンターへ連絡(英語のみ)
コールセンター
+***-****-****

②下記、香港エージェントにサポートを依頼(

日本語で問題なく対応可能です。)

会社名:××××
担当社:◯◯ ◯
TEL:+***-****

以上、この様なご連絡となりましたこと、

心より深くお詫び申し上げますと共に、

ご理解賜りましたら幸いでございます。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

===========================

・・・・・・というふうに四半期に1度、増えていっていた利息分も没収、

プラス、所定の手数料もかかるとのことである。

 

さらに、日本のサポートデスクは現地エージェントとの

提携解消を理由に活用できなくなっていたのだ。

 

とりあえず満期まではホールドしなければ

やった意味がないので

2021年までは持ち続けることにしよう。

 

サラリーマンを辞めた今だからこそ

「定期預金が満期になったからちょっと

プノンペン行ってくる。」

みたいなことができるが、

サラリーマンであったならば、

そんなこともままならないであろう。

少なくとも自分の当時の環境では無理であった。

 

また、その際は最低限の英語コミュニケーション力も

必要になることであろう。

 

やはり、繰り返しになるが海外投資は「アウェイ」である。

日本国内でeasyに申し込みができるから入ろうとする時点で

その後、苦労することは確定するのである。

 

現地、現物で確認することの大切さ、

海外投資・長期投資の難しさを

今後も肝に命じて慎重に

かつアグレッシブにトライしていきたい。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● 「お仕事的FX」10月の結果
● 海外長期積立ファンド(フレンズプロビデント25年)を6年間継続した結果・・・
● 分裂により誕生したETC(イーサリアムクラシック)やBCH(ビットコインキャッシュ)は買うべきか
● 投資・不動産・物販のセミナーや勉強会に女子が増えてきた
● 「お仕事的FX」11月の結果
● Bitcoinなど「暗号通貨」全面安! いまとるべき行動とは
● 単なる作業を繰り返す「お仕事的FX」で淡々と稼ぎ続ける方法
● 引き続き値動きが激しい暗号通貨たち。特にビットコイン(BTC)の続伸は想定外。
● 暗号通貨(アルトコイン)への投資 
● 引き続き順調に推移する「お仕事的FX」がMT4の自動売買ツールに対応
● bitcoin を「ドルコスト平均法」で定期購入してみる
● bitcoinが5,000USD越えで<BR>                  いてもたってもいられず投機に走る
● HSBC香港 口座開設 顛末記<BR>(サポートを使わずに単独で乗込み口座開設に至った経緯)
● 飲み会の幹事を拝命したらビットコイン(BTC)で割勘しよう。割勘代をビットコインで集金したら10万円に育った件。
● 調整が一瞬だったビットコイン(BTC)、引き続き爆騰気味のビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はじわり上昇開始

Menu

HOME

TOP