● 生命保険の支払いをクレジットカード払いに変更した件

普段の生活では現金は極力使わず、

少額の決済でも

クレジットカードや電子マネーを使っている。

 

一見、使えなそーな店でも念のため

使えるかどうか、聞いてみることにしている。

 

最近はコンビニ、ファーストフードなども

普及が急速に進み、

スマホ1台あればSuicaやEdyなどで

決済が済んでしまうので

手間がかからず、

ほんとうに便利になったと思う。

 

そんなわけで

現金を使う機会はここ数年で、

めっきり少なくなった。

 

したがって、ATMで銀行口座から現金を引き出す機会も

少なくなり、財布の中身の残高が数日間、変わらないのも

よくあることである。

 

しかし、自分が会計をするとき、

周りをみてみると

まだまだ現金で支払っている人が多いな、と感じる。

 

日本はSuicaなどの電子マネーの導入は早かったが

利用率については、中国にあっという間に

追い抜かれた。

 

2017年6月の日銀のレポートによれば

中国のスマホ決済の利用率が98.3%であるのに

対し、日本はまだ6%とのことである。

 

昨年7月、中国 珠海に滞在したが

街の小さな商店やローカルの個人経営の飲食店でも

多くの人がスマホのQRコードで支払いをしていた。

 

wechat payやAlipay といったスマホアプリでの決済が

かなり浸透している様子であった。

 

また、本邦においても、インバウンド需要を取り込むべく

日本でも中華系のスマホ決済を店舗や飲食店で

利用できるところが増えている。

 

クレジットカード払いや電子マネーは

使わないと損である。

 

現金払いと、値段は変わらない上に

実際の支払いは後払いでよい。

 

本来であれば、実際の支払(銀行引き落とし)

までの金利が発生しても

おかしくはないハナシである。

 

後払い自体がメリットなのである。

 

それに加えて、わずかばかりであるが

クレジットカードからのチャージなどの際に

ポイントが貯まる仕組みもある。

 

 

なので、クレジットカード払いや

電子マネーを使わない理由はないと思う。

 

前置きが長くなったが

つい先日、月々の生命保険料の支払いを

クレジットカード払いに変更した。

 

クレジットカード払いが可能になった保険会社の

広告を偶然目にしたので、

 

①保険証券でお客さまコールセンターの電話番号を確認

②コールセンターに電話

③証券番号を伝え、クレジットカード払いへの変更可否を確認

④変更に必要な書類を送ってもらう

⑤サインの上、返送

 

という簡単な手続きで生命保険料の銀行口座振替から

クレジットカード払いへの変更の手続きが完了した。

 

また、別の生命保険会社では

クレジットカード払いに対応していない、

というところもあった。

 

 

公共料金なども現在はクレジットカード払いに

対応するところが増えている。

 

銀行の通帳を眺めてみて

毎月口座引き落としになっている

ものがあれば、ぜひ、

クレジットカード払いに変更できないか

確認してみることを強くオススメしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● ミニマルでノマドなライフスタイルはコストが安い(旅行編)
● 自宅を買うなら資産性の高い物件を買うべき理由
● 「車を保有しない」という選択<BR>       No Car Life is My Life
● 陸マイラー必須・ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の衝撃の「審査落ち」から2ヶ月後に再度申込→合格した方法
● 「楽天カード」nanacoクレジットチャージポイント付与廃止で限度額までチャージし終わったあとで「Yahoo!JAPANカード」に登録クレジットカードを変更
● 4つの収入の柱(物販・不動産・投資・情報発信)
● キャッシュポイントを複数持つということ
● 「楽天プレミアムカード」は物販必須のクレジットカード 
● 滞在コストが意外に安い先進国ニッポンの首都・東京
● SIMフリーの高機能Android スマホを期せずして安価で入手できた方法
● はじめてのフィリピン(フィリピンペソ両替・現地SIM調達編)
● ↓悲報↓どうする固定資産税「楽天カード」改悪↓nanacoクレジットチャージにおけるポイント付与廃止

Menu

HOME

TOP