● 都心で物販事業をおこなうメリット・デメリット考察

物販のカテゴリーのなかで「せどり」は

誰でもできて再現性が高く、

リスクが少ない転売の手法であると思う。

 

語源は「競取り」「糶取り」と書き、

「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

また、それを業とする人」

を指すらしい。

 

また、本の背表紙で仕入れを判断することから

「背取り(せどり)」も語源とされている。

こちらの方が現代の「せどり」の意味合いに近いかもしれない。

 

たいていはひらがなで

「せどり」と記載されることが多い。

 

「転売」のなかの1つのカテゴリーとして

実店舗や楽天などのECで仕入れる場合をさすことばとして

使っている。

 

国内と国外のAmazon販売に置いても

「せどり」は主要な仕入れルートのひとつである。

 

Mr.Quadrupleはいわゆる「都心部」に住んでいるが

「せどり」を実践するにあたり、

「都心住まい」のメリット、デメリットが存在する。

 

まず世界中から「オタク」な人々が訪れる

池袋、中野とならぶ「オタク」の聖地、

「秋葉原」が近いことは大きなメリットであろう。

 

Mr.Quadrupleはもともとこの分野に興味が薄く

いまのところ、知識がまったくもって乏しく、

目下、勉強中なのだが、

とにかく、フィギュアなどが置いてある「ホビーショップ」や

「トレカ専門店」、「家電量販店」では

訪日外国人の方々が、ヨダレを流しながらショーケースに

見入っている姿に接することができる。

 

また、すれ違う人々は日本人よりももはや外国人の方が

多い。

 

そのためか、「家電量販店」などは

どちらかといえば訪日外国人向けの

「品揃え」や「値付け」になっているため

仕入れ対象としては今一つである。

 

しかし、目利きができるようになれば

e-bayやヤフオクなどで

販売できる「お宝」がごろごろしているのであろう。

 

ただし、「中古品」を反復、継続的に取り扱う場合は

「古物業」の許可が必要である。

 

● 「古物業許可」の取得を断念したハナシ

 

また、副都心側の主要駅、

池袋、新宿、渋谷などには

ひととおりの大型「家電量販店」や

ドンキなどの「ディスカウントショップ」が全て揃い、

それぞれの店舗規模も大きい。

 

これらの店舗に公共の交通機関で30分以内、もしくは

自転車で行けることはメリットであろう。

 

ただ、しかし、近県から出張してくるライバルも集中するため

いわゆる「プレ値」になる人気商品が

枯れてしまうのも郊外店舗よりも

都心店舗のほうが早い気がする。

 

したがい、誰もが参戦する「レッドオーシャン」だけでなく

隠れた定番商品などで都心ならではの仕入れができる

「ブルーオーシャン」な店舗、商品も開拓する必要がある。

 

また、Mr.Quadrupleは自家用車を保有していない。

● 「車を保有しない」という選択 No Car Life is My Life

 

これは、「店舗型せどり」においては

圧倒的に不利である。

 

行動範囲が狭くなるし

そもそも持ちきれる量が限られるため、

「大量仕入れ」がしづらい。

 

一部、ドンキのように

無料で発送をしてくれるところは

非常にありがたいが、基本は

手で持ち帰り、である。

 

一方、物流の面でもメリット、デメリットが存在する。

 

まず、自宅はマンション住まいのため

ひとことでいうと「狭い」。

 

仕入れの品が増えてくると

家族から苦情が発生する。

 

しかしこれは外注化すれば解決できることであり、

なかなか手がつけられていないが早々に解決したいと

考えている。

 

 

徒歩圏内にコンビニ、宅配業者の拠点、郵便局が複数あり、

手で持てる荷物については自分のスケジュールで発送ができる。

 

郵便局の「ゆうゆう窓口」は

24時間営業から7:00-21:00に業務縮小されてしまった。

土日も発送できるのでやはり、使い勝手はよいが

できれば24時間化の復活が望まれる。

 

また、東京から発送する場合、やはり

中心に位置しているためか、翌日配達できる範囲が広い。

 

また、セミナーの開催や、物販仲間の勉強会などは

やはり、東京で開催されることが多く、

より、情報を得やすい環境にあると思う。

 

 

 

このように、「都心部」での物販事業取り組みは

デメリットも多いが、外注化、委託化で

解消できる課題もあり、総じて言えば

インフラ面、位置的な優位性など

いまのところメリットが大きいと判断している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● 「古物業許可」の取得を断念したハナシ
● 【物販】残り2ヶ月の戦い方 ホリデーシーズンに単月レコードを目指す。
● 日本Amazon FBA 「混合在庫」にご注意
● 「楽天プレミアムカード」は物販必須のクレジットカード 
● 融資を活用して物販事業を加速(創業融資・公的融資・国民生活金融公庫etc)
● 「Amazon輸出」販路拡大 eBay にトライ 「JoeLister」は使えるツールか
● メルカリの商品リサーチ
● 日本の年末商戦の比ではない米国のホリデーシーズンの売上
● 【物販】利益率も大切だが回転率も大切 いずれは中国輸入・OEMなどにトライ
● 大苦戦している 都内新築 アパートPJT
● 「物販」は個人事業でやるか、法人格でやるか、それぞれのメリット・デメリット
● US Amazonにおけるアカウントサスペンドの経験
● Amazon輸出+ eBay =高回転 自動出品ツール「joeLister」は「おひとりビジネス」の収益に貢献するのか
● 投資・不動産・物販のセミナーや勉強会に女子が増えてきた
● ネット通販の自社配送拡大でますます便利になるEC(ネット通販)

Menu

HOME

TOP