● 【物販】残り2ヶ月の戦い方 ホリデーシーズンに単月レコードを目指す。

物販用の法人の決算期は個人と同じ12月にしている。

 

2期目の締め、12月末まで、あと2ヶ月となった。

10ヶ月経過時点での売上進捗は以下の通り。

 

円建てにすると約1,800万円。

 

利益ではなく売上なので本当にまだまだであるが

「Quadruple」~「4つの柱」のうちの2番めの

小さな収入源に成長しつつある。

 

残りの2ヶ月、本邦は年末商戦ということになるが

それ以上に期待したいのは米国の「Holiday Season」である。

 

一般的には11月の第4木曜=Thanks giving dayの翌日にあたる

いわゆる「Black Friday」がその幕開けであり、

12月いっぱいがその時期に当たる。

 

米国の小売はこの1ヶ月あまりのあいだに

年間の半分の売上を上げる、

といわれる。

 

これは商品カテゴリーにもよると思うのだが

「おもちゃ」「ゲーム」などは

本当にそうだと思う。

 

ということで

法人第2期の売上予算は

理論上 3,600万円ということになる(笑)

 

昨年は12月に入って早々に

米国Amazonのアカウントが

サスペンドされ、

ようやく解除されたのは

晦日の声を聞くころであった。

 

ほぼまるまるホリデーの恩恵に与れずに終わったのは

非常に残念であった。

(それでも永久サスペンドではなくホッとしたものである)

 

それだけに今年のホリデーシーズンにかける

期待は大きい。

 

仕入れとFBAへの送り込みを意識して増やしているが

物流やFBAも徐々に混み合ってきているのか、

普段よりも納品が少し遅い感じがする。

 

国内も時期的には同様に

「おもちゃ」や「ゲーム」関係が売れる時期であるが

「為替」も円安寄りだし、

何と言っても消費税還付があるので

米国優先で売っていきたい。

 

先日、ペイオニア ジャパンが主催する

「越境ECプレイヤー」の食事会に参加した。

 

どうみてもMr.Quadrupleより売上のケタが

1つ多いパワーセラーばかり。

 

20名ほどが参加しており、

なぜ自分がエントリーされたのか

謎のままであるが、

自分とほとんど変わらない陣容や

副業の環境でそんな売上をあげている

超パワーセラーを目の当たりにして

大いに刺激を受けた。

 

3,600万円は無理としても

3,000万円の大台には乗せて

着地したいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

● ネット通販の自社配送拡大でますます便利になるEC(ネット通販)
● 【物販】利益率も大切だが回転率も大切 いずれは中国輸入・OEMなどにトライ
● 「物販」は個人事業でやるか、法人格でやるか、それぞれのメリット・デメリット
● 「古物業許可」の取得を断念したハナシ
● 融資を活用して物販事業を加速(創業融資・公的融資・国民生活金融公庫etc)
● 融資を活用して物販事業を加速(創業融資・公的融資・公庫)その2
● 投資・不動産・物販のセミナーや勉強会に女子が増えてきた
● 都心で物販事業をおこなうメリット・デメリット考察
● 「楽天プレミアムカード」は物販必須のクレジットカード 
● 日本Amazon FBA 「混合在庫」にご注意
● 参入のハードルが下がったAmazon輸出
● US Amazonにおけるアカウントサスペンドの経験
● 「成功曲線」ご存じですか?
● Amazon輸出+ eBay =高回転 自動出品ツール「joeLister」は「おひとりビジネス」の収益に貢献するのか
● 日本の年末商戦の比ではない米国のホリデーシーズンの売上

Menu

HOME

TOP